アウトドアレシピ

中村ユウヤ

2014.02.24

煮込みミートボールのちょうちょうのパスタ

アウトドアレシピ



第17回目のレシピは、ミートボールの煮込みパスタです。
え~、前回の更新から約2ヶ月。ずいぶんと時間が空いてしまいました、ごめんなさいm(_ _"m)
この間、寒さに弱い僕は山に登ることも無くレシピのヒント探しと称して、いろんなお店を食べ歩いておりました。
今年の初登山は高尾山~一丁平へ、友達と総勢8人の大所帯で鍋を担いでの鍋登山でした。
各自で食材、調理器具の分担を決めて持ち寄り、いろんな味を順番に楽しむ味チェンジ鍋をつくりました。この日は、合計5つもの味を堪能する満腹登山でした。
下の写真は、一つ目の「鶏パイタン味」だと思います。鍋の他にも、おいしいお菓子や缶詰カレーのディップソースなど、いろんなご飯が並んで楽しい登山になりました。




さて、今回紹介するレシピですが、初めはゴロゴロの野菜とミートボールを一緒に煮込むおかずのようなレシピを予定していました。
しかし、他の方のレシピと被っていたので急遽パスタソースに変更。
ヒントは、この鍋登山で使っていたパスタを見た友達からの「女の子が好きそう」の一言でした。
本当に感謝(^人^)
そこから誰でも作りやすいように、調理工程をかなりシンプルにしましたので参考にしてみてください。

材料と作り方はこちら。



<材料(一人分)>

「めざまし朝スープ パプリカとトマトのビスク風」・・・・・・・1食
パスタ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80g
ミートボール(市販のレトルト品)・・・・・・・・・・・・・・・1袋
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2玉
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200ml


[山に登る前の準備]
チャック付袋にパスタ80g、水200mlを入れて袋の口をしっかりと閉める。このまま、ザックに入れて持っていけば、もちもち食感のパスタが楽しめます。最近、山業界で流行っているらしく僕もチャレンジしてみました。


[蝶々型のパスタ]
蝶々の様なかわいらしいショートパスタ。名前は「ファルファッレ」といいます。
中心が少しくぼんでおり、ひだ状になった溝にはソースが良く絡みます。クリーム系やトマト系のソースとの相性が良く、ショートパスタで有名なペンネとは違った味わいを楽しめます。


1. 玉ねぎは火の通りやすい厚みで薄くスライスします。




2. フライパンにオリーブオイルを敷き、切った玉ねぎを炒めます。炒める目安は、半透明になる程度です。あとで煮込むので、火の通り具合はあまり気にしなくても大丈夫です。




3. 玉ねぎが炒め終わったら、水に浸しておいたパスタを水ごと注ぎます。沸騰したら2分ほどパスタを茹でます。



4. 次に「めざまし朝スープ パプリカとトマトのビスク風」を入れてしっかりと溶かします。






5. スープが溶けたら、ミートボールを入れます。この時に、袋の中に残っているソースも一緒に入れましょう。甘辛いソースが加わることで、コクのある味わいに仕上がります。




6.ミートボールを入れたら蓋をせずに5分ほど煮込む。最後にバジルをかければ完成。




[なぜ蓋をしないの?]
実は初めて水戻しパスタを使ったので、水加減が曖昧でした。
何度か試してみたけど、パスタを浸すには200mlくらいの水が必要でこれ以上少なくなると、パスタにムラが出来てうまく調理できませんでした。そこで、最後に蓋をせずに煮込むことで水分量を調節し、ミートボールとパスタの馴染みをよくしました。

パスタにトマトのソースが絡み、食べ応えのあるミートボールは山ご飯にピッタリ。お好みで、ナスやじゃがいもなどを入れても美味しくお召し上がりいただけると思います。
すこし遅い2014年のスタートとなってしまいましたが、今年もいろんなレシピを紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。


そして、引き続きレシピのリクエストもお待ちしております。
リクエスト方法は、下記の通りです。
●リクエスト方法
★E-mail
件名「レシピリクエスト」とご記入いただき、編集部までメール(info@yamagirl.net)でお送りください。
★Facebook
山ガールネットフェイスブックページにメッセージをお送りください。

皆さまからのリクエストお待ちしております!

今回使用した商品

めざまし朝スープ
パプリカとトマトのビスク風

※過去のエントリーに掲載された商品については廃盤商品となっている場合もございますので、予めご了承ください。