1. HOME > 
  2. イベント > 
  3. 【山ガール・チャレンジ】女性7名様限定♪少人数のゆっくりペース『キリマンジャロ登山と動物サファリ10日間(9/21~30)』開催

イベントEvents

【山ガール・チャレンジ】女性7名様限定♪少人数のゆっくりペース『キリマンジャロ登山と動物サファリ10日間(9/21~30)』開催

開催日:9月21日(金)~30日(日)

主催者:山ガールネット、アドベンチャーガイズ

海外登山

数々の世界名峰登山ツアーを手掛けるアドベンチャーガイズ(AG)と山ガールネットの合同企画として、女性限定・7名様限定 少人数のゆっくりペースでアフリカを旅する『キリマンジャロ登山と動物サファリ10日間』を9月21日(金)~30日(日)に開催します。

エリア:

海外

ジャンル:

海外登山

レベル:

中級者以上

ツアー概要

山ガールネットは、数々の世界名峰登山ツアーを手掛けるアドベンチャーガイズ(AG)の合同企画として、女性限定・少人数(7名様限定)のゆっくりペース『キリマンジャロ登山と動物サファリ10日間』を9月21日(金)~30日(日)に開催します。
※仕事が終わってから空港に行ける金曜日の夜出発で、24日(月)は秋分の日の振替休日のため、平日4日間のお休みでご参加いただけます。
<ツアーのポイント>
女性限定のゆっくりペース!おひとり参加大歓迎!
7名様限定の少人数制!アットホームな山旅♪
日本から同行のキリマンジャロのエキスパート日本人山岳ガイド 古谷氏と現地人ガイド・スタッフで、万全のサポート体制!
絶景が広がる憧れのキリマンジャロの山小屋に滞在(5泊)♪
最終日は、キリマンジャロの見える古谷ガイドおすすめのとっておきのサファリロッジに滞在♪ ゾウやキリン、シマウマなど動物サファリも満喫!

>>ツアー詳細はこちら<<

キリマンジャロ登山について

憧れのアフリカ大陸最高峰 キリマンジャロ(5,895m)登頂チャレンジ!
キリマンジャロはアフリカ・タンザニアの北東部にあり、山域のキリマンジャロ国立公園は世界遺産にも指定されています。
アフリカ大陸最高峰であり7大大陸最高峰「セブンサミッツ」の一つです。
キリマンジャロとは、スワヒリ語で“白く輝く山”を意味し、西にシラ峰、中央にキボ峰、東にマウェンジ峰の3つの峰から成ります。中央にあるキボ峰が最高峰で、最高地点は“独立、自由”を意味するウフルピーク(5895m)があります。山麓のコーヒー農園から高度を上げ、熱帯雨林、高山性草原、砂漠と植生が変化し、山頂には氷河さえある変化に富んだ多様な登山ルートです。熱帯から亜寒帯へ旅をするような、変化に富んだ景色が楽しめます。
キリマンジャロ山は、岩登りやアイゼン歩行などがなく特別な技術・装備を必要としない山としては世界最高標高となり、世界中の一般登山者の最終目的地としても有名です。そのため、登山経験や高所経験に自身がない方も、いまから準備すればチャレンジすることができるんです。
是非、山岳ガイドと一緒に憧れの頂きを目指してみませんか。

なお、ツアーに参加してみたい、検討したい方けど、自分がどうすれば行けるようになるかわからないという方には、同行の経験豊富な山岳ガイド(古谷ガイド)が、一歩一歩ステップを踏みながらの登頂の為のトレーニング方法等も個別に丁寧にアドバイスいたしますし、[キリマンジャロチャレンジプログラム2018](※参加必須ではございませんのでご安心ください)もございます。
もちろん、基礎体力はあるので本番のキリマンジャロ登山ツアーのみ参加されるというかたも大歓迎です。

Q&A

Q.自分に登れる山なんですか?
A.キリマンジャロ山は、岩登りなどの特別な技術・装備を必要としない山で、しっかりと基礎体力と心肺機能をつけていただければどなたにもチャレンジできる山です。不安な方には、トレーニング方法等も個別に丁寧にアドバイスいたします。

Q.ツアー開催日のシーズンの気候はどんな感じですか?
A.ツアー開催日の9月は天候が安定するベストシーズンです。乾燥した気候で、登山口はだいたい16℃から20℃前後、標高が上がると、朝晩の冷え込みが厳しくなり、登頂に向けて深夜に出発する時は山頂付近で-15℃前後まで下がることもあります。
※ただし、-15℃前後になるのは4時間程のみです。太陽が昇れば気温はぐんぐん上がります。

Q.治安が心配です。
A.山麓や国立公園内はとても安全で平和です。危険な箇所(大きな町のダウンタウン)には一切近づきませんのでご安心ください。現地に精通した古谷ガイドと現地ガイドが皆様を安全にご案内いたします。
ポーターさんもご自分の生活がかかっているため、とても仕事熱心で優しく、セキュリティにも最新の注意を払っているので盗難事件などは過去にありませんのでご安心ください。

Q.登山中、ライオンが出たりするんですか?
A.出ません。サルがでたりしますが、猛獣に襲われるなんてことはありません。

Q.虫はいるんですか?
A.刺したりする虫はいません。今回のツアー開催日は、冬の時期にあたるため、山中では、ほぼ虫に遭遇することはないでしょう。

Q.登山中の食事が心配です。アフリカの食事ってどうなんですか?
A.食事は、食事係のスタッフが作ってくれます。至れり尽くせりです。
食器は専属コックやスタッフがすべて用意してくれます。
比較的、日本人の口にも合いやすい、主食(お米・パン・パスタなどの炭水化物)と、副菜(野菜など)、主菜(お肉や豆などのたんぱく質)が出てくると思ってください。コーヒー・紅茶など飲み物も、いろいろと出してくれます。

Q.もし体調が悪くなったら?
A.緊急時の対応に関しても万全の態勢が整っておりますのでご安心下さい。
参加者7名様に古谷ガイド&現地ガイド&スタッフの4名で山頂まで同行し、皆様の登頂をしっかりサポートいたします。

Q.登山中のお水はどうすればいいですか?
A.登山中は山から出る天然の水を、ポーターが煮沸して朝晩に配ります。
お一人様あたりの制限はありませんのでご安心ください。
耐熱製のボトルをご用意ください。登頂の際は-15℃まで下がることもありますので、保温製の水筒(テルモス又は魔法瓶など)も必要です。
※2013年よりペットボトル飲料の持ち込みが禁止されています。

Q.荷物は全部運ぶんですか?
A.トレッキング中は、30リットル程のザックに、お水など自分に必要最低限のものを背負って行動します。登山に不要な荷物は山麓のホテルに預け、寝袋など行動中に不要な荷物はポーターさんに持ってもらいます。

Q.キリマンジャロの山小屋の設備を教えてください。
A.山小屋では、1名様1ベッド(二段ベッド)をご利用いただけます。厚いマットレスが完備されていますので、その上にご自分の寝袋を敷いておやすみいただきます。
寝袋は、スリーシーズン対応のもので-6℃程度対応できると安心です。
もし寒い場合は、持ってきているダウンなどを着込んで寝たり、シュラフカバーをかけて保温性を上げるなどして対応します。
外にはトイレ、食事専用の棟ダイニングハットがあります。

Q.トイレってどんな感じですか。
A.山小屋のトイレは、水洗トイレで綺麗です。(キボハットは汲み取りです。)
トレッキング中にも、2時間置きくらいにトイレ(水洗や汲み取り式など)が設置されていますのでご安心ください。
アタック日のみ一部行程にトイレがない箇所がありますが、深夜の場合暗く、岩陰や建物の影などをご利用いただくことが可能です。
ただ、いままでのツアーでもほぼトイレに行かれる方はいらっしゃらないのでそれほど心配しなくてもよいかと思います。山小屋に戻ればもちろん水洗トイレをご利用いただけます。

Q.山小屋で充電はできるんですか?
A.山小屋では充電することができません。寒さでバッテリーが弱化することも考えられますので、ヘッドランプは必ず予備電池、その他必要な場合は予備電池をご用意ください。

Q.高山病が心配なのですが、大丈夫でしょうか?
A.古谷ガイドがしっかりとペース配分と呼吸法などレクチャーを行いますのでご安心ください。
ホロンボハットに1日、高度順応のための滞在日を設けております。今回のツアーならではのとっておきの場所にもご案内しますのでお楽しみに♪

Q.登頂証明書はもらえますか?
A.もちろんもらえます!

Q.ツアーに持っていくお金ってどれくらい考えておけばいいですか?
A.お金は米ドルです。少額紙幣をもっていると便利です。
必要となるのは、各自ロッジなどでお支払いいただくビールなどの飲み物代とお土産代程度とお考えください。
ビールは、日本円で200~300円(2~4ドル)です。
その他、個人的にお世話になったポーターさんなどに渡すチップとして10~20ドル(一人あたり)ご用意いただくと安心です。その他は、すべてツアー料金に含まれています。

Q.おみやげってどんなものがあるんですか?
A.木彫りの動物や、キリマンジャロTシャツ、そしてなんといっても本物のキリマンジャロコーヒーですかね。

Q.最終日のロッジはどんなところですか?
A.アリューシャ国立公園内にある、目の前にキリマンジャロ山とマウントメルーが望める、古谷ガイド一押しのロッジです。少し古い映画ですがジョン・ウエインの「ハタリ」の舞台にもなりました。動物サファリでは、キリンやバッファロー、シマウマ、イボイノシシ、運が良ければゾウなどの野生動物に出会いアフリカの大自然にふれることができます。最終日は、憧れのキリマンジャロ登山の余韻にひたりながら、美味しい食事とお酒をお楽しみください。

>>ツアー詳細はこちら<<
不明な点、ご相談事などございましたら何でもお気軽にお問い合わせください!

詳細

開催日 2018年9月21日(金)~30日(日)※金曜夜出発
同行ガイド アドベンチャーガイズ代表 古谷聡紀(こやとしのり)
日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド
株式会社アドベンチャーガイズチーフガイド

スキー・トレッキングガイドとしてヨーロッパアルプスに5年間在住。その後、山岳旅行会社で世界中の山々を歩く。山岳・スキー雑誌のライター、アルプスに関するガイドブックも執筆。山ガールカレッジ主任講師も務め、著書「ゆっくり楽しむ山歩き」(永岡書店)がテキストになっている。キリマンジャロ登山は約30回。アフリカには約50回の渡航歴を持つ、キリマンジャロのエキスパート。知り尽くしたキリマンジャロを舞台に、「ゆっくり」皆様を山頂にご案内します。
[著書] 「ゆっくり楽しむ山歩き」永岡書店 「地球の歩き方・ヨーロッパアルプスハイキングガイド」(共著監修) ダイヤモンドビッグ社などがある
募集定員 7名(最少催行人数6名)★催行人数に達しました★
※7名限定のアットホームな少人数制
参加資格 20~50歳代の女性の方
旅行企画・実施 株式会社アドベンチャーガイズ
観光庁登録旅行業第1713号・(社)日本旅行業協会(JATA)正会員
お申込み方法 ▼メールまたはお電話・FAXにてお申し込みください。担当者:宮川(みやがわ)▼
E-mail:info@adventure-guides.co.jp
電話:03-5215-2155
FAX:03-3288-3211


▼お申し込み時に下記の必要な情報をお伝えください。▼
ツアー名『キリマンジャロ登山と動物サファリ10日間』/人数/お名前(ふりがな)/生年月日/郵便番号/ご住所/電話番号/メールアドレス/ご家族・事故緊急連絡先(氏名・続柄・電話番号)/その他連絡事項

※同行者がいらっしゃる場合は、全員の情報をお伝えください。
※ツアーの予約受付・代金の収受は株式会社アドベンチャーガイズが行います。山ガールネットはお客様の個人情報の収集を行いません。

>>ツアー詳細はこちら<<

ツアーご検討中の方、古谷ガイドはじめ経験豊富なスタッフが皆様の疑問や不安にも丁寧にお答えしますので、お気軽に下記<お問合せ先:株式会社 アドベンチャーガイズ>までご相談ください。

本件に関するお問合せ先

(株)アドベンチャーガイズ
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-5-4 山和ビル3階
TEL 03-5215-2155
FAX 03-3288-3211
E-mail:info@adventure-guides.co.jp
営業時間
月-金/10:00-18:00
土/10:00-14:00
日・祝/休み
アドベンチャーガイズ オフィシャルホームページ

行きたいな!と思ったらシェアしてね

山ガールネットの最新情報をお届けします

山ガールネットを
フォロー

特集Special

  • 山登り大好き芸人桜花の頂きMountain
  • アウトドアファッションコーデ特集
  • 山ガールのための山歩きガイド
  • 山ガールスタートマニュアル
  • 30秒チャレンジ!登山知識ミニテスト