1. HOME > 
  2. コースガイド > 
  3. 雲取山 | 山ガールのための山歩きガイド

コースガイドCourse Guide

雲取山 | 山ガールのための山歩きガイド

日本百名山の1つにも数えられている東京都最高峰「雲取山」の登山コースガイド。奥多摩の鴨沢登山口から入り、山小屋「雲取山荘」で一泊、秩父エリアの三峯神社へ下山するルートをご紹介します。

エリア:

関東

ジャンル:

小屋泊

レベル:

中級者以上

歩行時間(休憩含まず):

11時間40分

歩行距離:

22km

最大標高差:

1467.1m(最高地点:雲取山山頂2017.1m、最低地点:鴨沢550m)

アクセス:

行き:西東京バス(奥多摩駅→鴨沢)で約35分
帰り:西武観光バス(三峯神社→西武秩父駅)で約1時間15分

登山口までのアクセス

▼最寄り駅はJR青梅線「奥多摩駅」。

▼トイレは改札の外にあります。

▼バスは2番乗り場から「鴨沢西」または「丹波」行きに乗車。運賃は630円(ICカード利用可)。

▼駅前のタクシー乗り場。タクシーは常時停車しているとは限らないため、事前に予約しておきましょう。

▼登山口最寄りの「鴨沢」バス停で下車します。

★アクセス参考★
バス:西東京バス(WEB:http://www.nisitokyobus.co.jp/
タクシー:リーガルキャブ(TEL:042-550-2712

鴨沢~七ツ石小屋(約3時間25分)

▼バス停向かいのこちらの階段を登って行きます。階段の左側にベンチとトイレがあります。

▼階段を上がって右側の坂を登って行きます。

▼標識を「登山道」方面へ

▼登山口からしばらく「平将門迷走ルート」というプレートがあります。

▼道なりに登って行きます。

▼山の中に入って行きます。

▼登山道に入りました。

▼鴨沢から30分程登ると村営の小袖乗越駐車場(駐車無料)に出ます。

▼駐車場脇にトイレもあります。

▼車道を登って行きます。

▼この標識が見えたら道の左側に注意を向けて歩きましょう。

▼この左側の坂を登って行きます。

▼まっすぐ進んで行きます。

▼こうした案内板が所々にありますので、山行計画の参考にしましょう。

▼道標は「七ツ石山・雲取山」方面へ進みます。

▼樹林帯を進んで行きます。

▼分岐を「七ツ石小屋」方面へ。

▼やや急な坂を登ります。

▼七ツ石小屋に到着!

▼小屋の奥側に休憩できる広場があります。

▼トイレ(チップ制)もあります。

▼七ツ石小屋からの展望

★レポーターメモ★
七ツ石小屋は通年営業しており、小屋泊(素泊まりのみ)・テント泊が可能です。
・七ツ石小屋には水場があります。また、売店では飲料の購入も可能です。

七ツ石小屋~奥多摩小屋(約1時間10分)

▼小屋脇から再び登って行きます。

▼分岐を「ブナ坂・雲取山」方面へ(※今回のコースでは七ツ石山は経由しません)。

▼分岐の所に湧き水が出ています(飲用可能です)。

▼滑落しないように注意して歩きましょう。

▼分岐を「雲取山」方面へ。

▼開けた所がブナ坂です。

▼ブナ坂の道標を「雲取山」方面へ。

▼ブナ坂の先から徐々に展望が開けます。

▼通称“ダンシングツリー”。真似たポーズで写真を撮ってみましょう!

▼天候がよければ左手に富士山を眺めながら歩くことが出来ます。

▼この開けた場所はヘリポートです。緊急時に使用されるため、ヘリポート内はテントの設置は禁止されています。

▼ヘリポートから少し歩いたところに奥多摩小屋(※平成31年3月31日で閉鎖予定)があります。

▼奥多摩小屋のトイレ(小屋閉鎖後は使用できなくなります)。

★レポーターメモ★
・奥多摩小屋への宿泊は雲取山荘にお問い合わせください。
・奥多摩小屋付近にも水場がありますが、冬期は凍結していることもありますので注意しましょう。

奥多摩小屋~雲取山~雲取山荘(約1時間50分)

▼「雲取山(尾根みち)」方面に進みます。

▼急勾配の坂をジグザグに登って行きます。

▼振り返ると、これまで歩いてきた尾根道が一望出来ます。

▼分岐を「雲取山」方面に進みます。

▼ガレ気味の登山道を登って行きます。

▼「雲取山」方面へ

▼再び展望のよい尾根道に出ます。

▼分岐を「雲取山頂」方面へ。

▼本日一番の急登を登ります。右上に見えるのは避難小屋です。

▼雲取山避難小屋。宿泊設備がない無人小屋ですので、宿泊する場合は寝袋や自炊用具などが必要です。

▼避難小屋からの景色。「雲取山の中でこの景色が一番好き」と答える方が多い絶景です。

▼避難小屋の脇を通って山頂を目指します。

▼避難小屋横にトイレがあります。

▼山頂に向かって緩やかな登りが続きます。

▼雲取山山頂(標高2017.1m)に到着!

▼周囲に見える山の案内板。

▼山頂からの展望。この日は曇りで見えませんでしたが、条件のよい日は富士山をはじめ、南アルプスや丹沢山塊などが一望できます。

▼その代わりに、シカを間近で見ることができました。

▼「雲取山荘」方面へ下ります。

▼急坂なので慎重に下りましょう。

▼山荘の屋根が見えてきました。

▼登山道の途中にレリーフがあります。

▼本日宿泊する雲取山荘に到着しました。

▼小屋内の見取り図。小屋は2階建てです。

▼夕食は受付順に時間が決まります。混雑時は何回転もしますので、食事は手早く済ませましょう。朝食は早く並んだ順番になります。

▼フロント・売店

▼お部屋はこんな感じ(写真は大部屋です)。

▼雲取山荘のトイレは外にあります。テント場に宿泊する方も利用するため、朝は大変混雑します。時間に余裕を持って行動しましょう。

★レポーターメモ★
・雲取山荘(収容人数200人)への宿泊は、事前に予約をしましょう。
 雲取山荘 ホームページ TEL:0494-23-3338(受付8時~20時頃まで)
・雲取山荘にお風呂はありません。消灯は21時頃です。

雲取山荘~お清平(約3時間15分)

▼ご来光は山荘前から見えます。

▼小屋を出て左手の坂から下山します。

▼樹林帯を進みます。

▼分岐を「大ダワ・三峰神社」方面へ進みます。

▼道幅の狭い登山道を下って行きます。

▼大ダワを通過。

▼ここから少し足場が悪くなります。

▼木の根に注意しながら歩きましょう。

▼下山はとにかく「三峰(または三峯)」方面に進みましょう。

▼「三峯神社」方面へ。

▼ガレ気味の道もあるので、自分の安全を確保すると共に、石を下に落とさないように注意しながら歩きましょう。

▼木々の隙間から時々展望もあります。

▼階段を登ります。

▼道が細く、片側の斜面がかなり急になっていますので、滑落に注意して進みましょう。

▼芋ノ木ドッケを通過。

▼森の中を進みます。

▼開けた場所が「白岩山」です。登山道の左手奥側に看板があります。

▼白岩山の看板。

▼「お清平・霧藻ヶ峰・三峰神社」方面へ。

▼シラビソに囲まれた登山道を進みます。

▼白岩小屋(※閉鎖されている小屋)が見えてきました。

▼小屋の周りは広いので休憩場所に適しています。

▼白岩小屋からの展望。

▼簡易トイレもあります(※緊急用と考えた方がよいでしょう)。

▼三峰神社方面へ下ります。

▼前白岩山を通過。

▼前白岩の肩を通過。

▼前白岩の肩からお清平までの道は、急な下りや岩場が続きますので注意が必要です。難所はありません。

▼お清平に到着

お清平~三峯神社(約2時間)

▼樹林帯を進みます。

▼霧藻ヶ峰休憩所。売店があります。

▼休憩所からの眺め。

▼休憩所の先に秩父宮御夫妻のレリーフがあります。

▼さらに先にトイレ・ベンチがあります。

▼地蔵峠に向かって進みます。

▼地蔵峠を通過。

▼三峰神社方面に進みます。

▼また植生が変わってきました。

▼炭焼平を通過。

▼三峰神社方面へ進みます。

▼トラバース道を進みます。

▼鳥居はくぐらずに左手の道を進みます。

▼次の鳥居をくぐって林道に出ます。

▼林道を三峰神社方面へ進みます。

▼ここからは舗装された道を歩きます。

▼林道を進んで行くと、レストラン・売店などがあります。

▼そのまま道なりに進んでいくと三峯神社があります。

▼レストラン・売店のある道を左手に下りて行くと、バス停・トイレがあります。

▼バスの終点「西武秩父駅」に、入浴施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」があります。

★レポーターメモ★
・三峯神社から出ている西武秩父方面のバスは、途中の「三峰口駅」が終点のバスもありますので注意しましょう。西武秩父駅までの運賃は930円(ICカード利用可能)です。
 「西武観光バス」ホームページ
・祭の湯では食事や買い物も楽しめます。
 「西武秩父駅前温泉 祭の湯」ホームページ

★トイレがある場所★
奥多摩駅、鴨沢、小袖乗越駐車場、七ツ石小屋、奥多摩小屋(※平成31年3月31日で閉鎖予定)、雲取山避難小屋、雲取山荘、白石小屋、霧藻ヶ峰休憩所、三峯神社、西武秩父駅

★注意★
・雲取山への日帰り登山は上級者向きと考えましょう。初心者は1泊2日での山行をおすすめします。
・標高が2000mを超える山となりますので、気温差を考慮した服装・装備をしっかりと準備しましょう。
・行動時間が長くなるため、水分や食料に余裕を持って登りましょう。ヘッドライトも忘れずに。

このコースが掲載されている地図

山と高原地図 雲取山・両神山 (山と高原地図 26)

山と高原地図 雲取山・両神山 (山と高原地図 26)

1,080円(10/23 12:23時点)
発売日:2018/02/27
Amazonの情報を掲載しています

関連リンク

山ガールのための山歩きガイド

行きたいな!と思ったらシェアしてね

山ガールネットの最新情報をお届けします

山ガールネットを
フォロー

連載企画Special

  • 山登り大好き芸人桜花の頂きMountain
  • アウトドアファッションコーデ特集
  • 山ガールのための山歩きガイド
  • 山ガールスタートマニュアル
  • 30秒チャレンジ!登山知識ミニテスト