1. HOME > 
  2. コースガイド > 
  3. 大菩薩嶺 | 山ガールのための山歩きガイド

コースガイドCourse Guide

大菩薩嶺 | 山ガールのための山歩きガイド

山梨県にある日本百名山「大菩薩嶺」は、交通アクセスがよく、登山初心者でも十分日帰りで登ることができる人気の山です。山頂の大菩薩嶺は展望がありませんが、雷岩から大菩薩峠までの尾根道は見晴らし最高!富士山や南アルプスの山々が一望できます。

エリア:

甲信越・北陸

ジャンル:

日帰り

レベル:

初心者〜初級者

歩行時間(休憩含まず):

5時間20分

歩行距離:

10.7km

最大標高差:

470m(最高地点:大菩薩嶺2057m、最低地点:上日川峠1587m)

アクセス:

バス(JR甲斐大和駅⇔上日川峠)で約41分

登山口までのアクセス

▼最寄り駅はJR甲斐大和駅。

▼バス停は駅前すぐ。上日川峠までの運賃は1,000円で支払いは現金のみです。シーズンの土日祝日は1日5便運行しています。
>>バスの時刻表(PDF)

▼途中で下車される方もいらっしゃいますので、できるだけ後方から詰めて乗りましょう。

上日川峠~福ちゃん荘(40分)

▼バスを下車すると、目の前に「ロッヂ長兵衛(宿泊可・売店あり)」があります。上日川峠には駐車場やキャンプ場もあります。

▼トイレはこちらで済ませましょう。

▼帰りのバスは15時台が最終です。早めの行動を心掛けましょう。

▼登山口脇に案内板があります。ルートをチェックしましょう。

▼ロッヂ長兵衛の脇にある道から登り始めます。

▼登山道と車道に分かれます。どちらから行っても福ちゃん荘に出ますが、行きは登山道から行くことにします。

▼白樺の新緑が美しい登山道。緩やかな上り道です。

▼木の根につまづかないように。

▼この階段を登ると福ちゃん荘です。

▼山小屋「福ちゃん荘」に到着。ここから先は急な上りが続くため、ここで休憩しておきましょう。

▼福ちゃん荘前にトイレがあります。

★レポーターメモ★
・福ちゃん荘にはテント場もあります。上日川峠からすぐなので、テント泊デビューにおすすめの場所です。
・福ちゃん荘の前に駐車場がありますが、利用できるのは宿泊客と食堂を利用する方(一時利用に限る)のみです。

福ちゃん荘~雷岩~大菩薩嶺(70分)

▼ここから唐松尾根を上ります。

▼最初の方はなだらかです。

▼傾斜が急になってきました。

▼分岐はありません。道幅が広い尾根道です。

▼木の根に注意。

▼所々平坦な道もあります。

▼再び傾斜が出てきました。

▼かなりの急坂です。息を切らさないペースでゆっくり登りましょう。

▼登山道脇のロープにはつかまらないように。

▼ゴツゴツとした石が転がる登山道。浮石に注意して登りましょう。

▼登りはもうすぐ終わりです。

▼稜線上にある雷岩の分岐に出ました。この分岐を左方向「大菩薩嶺」方面に。

▼森の中へ入って行きます。

▼急な坂はありませんが、木の根に注意して登りましょう。

▼大菩薩嶺(標高2056.9m)に到着!山頂は比較的広いので休憩も出来ますが、展望が無く虫も多い場所なのでおすすめしません。

大菩薩嶺~雷岩~大菩薩峠(50分)

▼来た道を雷岩まで戻ります。

▼雷岩からの展望。天候がよければここでランチを。

▼雷岩からは「大菩薩峠」方面に進みます。標高2000mの標柱。

▼歩いていて気持ちのよい尾根道。ただし悪天候の場合は遮るものが何も無いので注意が必要です。

▼所々ゴツゴツした岩場の通過があります。

▼賽ノ河原が見えてきました。右手に見えるのは避難小屋です。

▼避難小屋の脇を抜けて少し登ります。

▼大菩薩峠に行く道と逆方向に展望スポットがあります。

▼展望スポットからの眺め。富士山と大菩薩湖。

▼南アルプスの山々

▼展望スポットを下りて大菩薩峠方面へ進んで行くと、大菩薩峠にある山小屋「介山荘」が見えてきました。

▼大菩薩峠に到着

▼大菩薩峠から見える山の案内板

大菩薩峠~福ちゃん荘~上日川峠(60分)

▼介山荘に宿泊して周辺の山へ縦走することもできます。

▼大菩薩峠からの眺望

▼介山荘には売店もあります。

▼大菩薩峠のトイレ。コース上のトイレの中で一番綺麗です。トイレの脇から上日川峠に下山します。

▼介山荘の小屋脇を進みます。

▼登りの唐松尾根と違い、下山道は緩やかな下りです。

▼苔も見ることができます。

▼迷うような分岐はありません。ひたすら下ります。

▼建物が見えてきました。

▼沢を渡ります。

▼道なりに進むと福ちゃん荘に出ます。

▼帰りは車道から帰ります。

▼車に気をつけて歩きましょう。

▼ロッヂ長兵衛が見えてきました。

▼上日川峠に到着!バスの時間に注意しながら帰り支度を済ませましょう。バスはロッヂ長兵衛の前から出ます。

★レポーターメモ★
・展望が素晴らしいコースですが、稜線は遮るものが無いので、大雨や雷などが予想される日は登山を控えましょう。
・下山後の温泉は、帰りのバスの途中にある「やまと天目山温泉(10時~19時営業・水曜休館)」がおすすめです。ただし温泉から甲斐大和駅行きのバス最終は16時台なので、それよりも遅くなる時はタクシーを利用しましょう。

★トイレがある場所★
JR甲斐大和駅、上日川峠、福ちゃん荘、大菩薩峠

このコースが掲載されている地図

山と高原地図 大菩薩嶺 (山と高原地図 25)

山と高原地図 大菩薩嶺 (山と高原地図 25)

1,080円(10/22 15:49時点)
発売日:2018/02/27
Amazonの情報を掲載しています

関連リンク

山ガールのための山歩きガイド

行きたいな!と思ったらシェアしてね

山ガールネットの最新情報をお届けします

山ガールネットを
フォロー

連載企画Special

  • 山登り大好き芸人桜花の頂きMountain
  • アウトドアファッションコーデ特集
  • 山ガールのための山歩きガイド
  • 山ガールスタートマニュアル
  • 30秒チャレンジ!登山知識ミニテスト