1. HOME > 
  2. レポート > 
  3. 【山ガールスペシャルイベント】「日本百名山 赤城山の最高峰 黒檜山と赤城神社参拝バスツアー(日帰り)」取材レポート

レポートReport

【山ガールスペシャルイベント】「日本百名山 赤城山の最高峰 黒檜山と赤城神社参拝バスツアー(日帰り)」取材レポート

掲載日:

2018年07月02日

イベントレポート

初心者から楽しめる山+旅の楽しみをテーマとする「山ガールスペシャルイベント」。
今回は、6月9日(土)に開催しました「日本百名山 赤城山の最高峰 黒檜山と赤城神社参拝バスツアー(日帰り)」の取材レポートをお届けします。

縁結びの神様が鎮座する赤城神社や、数々の神話が残る群馬の名峰「赤城山」へ行ってきました!

日本百名山で、榛名山、妙義山と並び上毛三山にも数えられる「赤城山」。
「赤城山」とは、山全体の総称で最高峰の黒檜山(くろびやま)をはじめ、駒ヶ岳、地蔵岳、荒山、鍋割山等のピークが連なり、中央部のカルデラ内には、カルデラ湖の大沼や覚満淵(かくまんぶち)、火口湖の小沼があります。

▼登山前、女性の願いを叶えるパワースポットとして知られる赤城神社を参拝。

▼リュックの形をした登山のお守りが有名です♪

▼願いを込めて。

▼出発前、登山靴の履き方レクチャー。

▼ご参加特典で配布させていただいた、登山時に大切なアミノ酸(BCAA+グルタミン、アルギニンなど)3600mgと8種類のビタミンが顆粒状で飲みやすく素早く摂取できる「アミノバイタル プロ」。疲労軽減・パフォーマンスアップにより効果的です!急登に備えて早速飲んでる方も多くいらっしゃいました。
[ 登山のためのおすすめアミノバイタル活用法とは? ]

▼黒檜山登山口(1,362m)。

▼登山口から新緑が眩しいブナ・ミズナラの急登を登ります。

▼最初の展望♪大沼と赤城神社、向かいの山:地蔵岳です。

▼さらにゴロゴロした岩場を登って

▼猫岩に到着。眼下に広がるカルデラ湖・大沼の素晴らしい展望♪さらに眺望がよければアンテナ山(地蔵岳)の左隣に富士山を眺めることができます。

▼ベニサララドウダンやミズナラの新緑に癒されます♪

▼最後の岩場の急坂を登れば

▼日本百名山 赤城山の最高峰 黒檜山山頂(1,828m)に到着です!

▼さらにその先の絶景ポイント”天空のひろば”へ。こちらは谷川岳方面。

▼ポカポカ陽気の中、景色を楽しみながらのんびりランチタイム。

▼山頂の天空のひろばからは、榛名山、浅間山、谷川岳、上州武尊、皇海山、奥日光連山などを見渡す大パノラマが広がります!

▼黒檜山頂まで戻ってから、駒ケ岳を目指します!

▼黒檜山大神鳥居

▼駒ヶ岳までのミニ縦走は、展望がひらけた気持ちの良い稜線歩き♪

▼これから向かう駒ヶ岳と、その奥に長七郎山、小沼、地蔵岳が見えます!

▼見頃のシロヤシオが迎えてくれました♪ときどきアカヤシオも♪

▼大ダルミから、振り返って見た黒檜山!迫力満点!

▼1時間ほどで、駒ヶ岳山頂(1,685m)に到着。

▼ここからの眺望も抜群です!

▼最後の稜線歩きを楽しんで

▼駒ケ岳登山口へ下山します。途中から急坂を下りますので、気を引き締めて歩きます。

▼40分ほどで、駒ヶ岳登山口(1,360m)に到着。

▼駐車場から、黒檜山から駒ヶ岳へと歩いてきた稜線を振り返って、清々しい気持ちに♪ 登山後は、立ち寄り湯で汗を流してほこっりさっぱり♪

梅雨の晴れ間に恵まれた素敵な一日となりました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

群馬県「赤城山」は、ルートが多彩で初心者向けの山歩きをはじめ、本格的な登山まで四季折々の自然が楽しめます。ぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

≪初心者~初級者以上≫
”とくべつな山旅”「山ガールスペシャルイベント」

今後のスケジュールはこちら

≪中級者以上(一部、初級者も参加可能)≫
”憧れの登山にみんなでチャレンジ”
「山ガール・チャレンジ」

今後のスケジュールはこちら

いいね!と思ったらシェアしてね

山ガールネットの最新情報をお届けします

山ガールネットを
フォロー

連載企画Special

  • 山登り大好き芸人桜花の頂きMountain
  • アウトドアファッションコーデ特集
  • 山ガールのための山歩きガイド
  • 山ガールスタートマニュアル
  • 30秒チャレンジ!登山知識ミニテスト