1. HOME > 
  2. レポート > 
  3. 【山ガール・チャレンジ】北アルプス入門『燕岳・北燕岳チャレンジ』取材レポート

レポートReport

【山ガール・チャレンジ】北アルプス入門『燕岳・北燕岳チャレンジ』取材レポート

掲載日:

2018年08月02日

イベントレポート

7月21日(土)~22日(日)に開催しました、女性だけで憧れの登山に挑戦する【山ガール・チャレンジ】北アルプス入門『燕岳・北燕岳チャレンジ ~花崗岩とコマクサの群生♪アルプスの大展望!~』ツアーレポートをお届けします。

▼朝、松本駅に集合し貸し切りバスで中房温泉登山口へ。標高1462mからいよいよスタートです。

▼樹林帯の中、合戦尾根を登っていきます。燕山荘までは約4時間半ほどの登り(※休憩時間は含みません)。

▼北アルプス入門者に人気のルートといっても急登(急な登り)が続き、歩きごたえはあります。ですが「疲れた~休みたい~(汗)」と思った頃にちょうどベンチのある休憩場所が現れますので上手に活用しながら登ることができます。

▼明るく元気な十郎ガイドとげんガイドのサポートもと、こまめな水分・栄養補給と、適切な休憩時間、ゆっくりとしたペース配分で着々と登っています。

▼途中、燕岳らしい登山道の色が白い(砕けた花崗岩による白砂)ところも出てきました。

▼まだまだ登りは続きます。このあたりから、歩くモチベーションはもちろん「スイカ」です。

▼合戦小屋まであと10分。「スイカ」「スイカ」と心で唱えながら登っていきます。

▼合戦小屋(2,350m)に到着!ここで大休憩します~

▼名物の美味しい「スイカ」(一切れ、800円)を、豪快にかぶりつていただきます!

▼疲れた身体をリフレッシュ♪♪♪人生で食べた「スイカ」でベスト1の美味しさという方もいらっしゃいました!

▼このあたりからカラフルな高山植物も沢山出てくるので、楽しみながら登ります♪ガイドさんの植生やお花の話は、大変面白く、ためになります。

▼森林限界を越え、徐々に展望も広がります!

▼ハイマツ(マツ科の常緑低・日本の高山植生の特徴の一つ)と大きな花崗岩もあらわれはじめました。

▼タンポポみたいなふわふわの綿毛の正体は、チングルマの実の毛。

▼テント場が見えてきたら、燕山荘はもうすぐです。

▼案内されたお部屋。三角屋根で山小屋気分が盛り上がります♪混雑している時期でしたが、離れの棟だったせいか比較的ゆったりと過ごすことができました~!宿泊者には、記念にかわいいしおりがいただけます。これからお泊りにいかれる方、お楽しみに♪

▼お部屋のお布団。混雑時には、枕の人数お泊りいただきますが、ゆとりがあるときは、そうではないのでご安心を。山小屋はとても清潔で、お掃除も行き届いています。

▼夕食までは自由時間。燕山荘前からの夕日。

▼槍ヶ岳をバックに♪

▼待ちに待った夕食の時間♪皆さん、おなかペコペコととっても元気なご様子。山ガールネットは、素敵な写真がたくさん飾られている奥の個室へ案内されました。ここは皇太子様がお食事されたお部屋とかで、雰囲気のある素敵な空間でした。

▼山小屋にはじめて泊まる方たちからは、「ご飯!!こんなに豪華なんですか?」「すごーい!美味しすぎる!」「お魚とお肉(チーズインハンバーグ)のメインが2つあるとは驚き」「想像していた山小屋のイメージと全然違う」「幸せ~♪」など楽しそうな会話が聞こえてきました。

▼食事も後半にさしかかるころ、オーナーの赤沼氏によるユーモアあふれるトークとホルン演奏会が催されました。自然保護、雷鳥の保護や温暖化の話など大変興味深いものでした。

▼燕山荘には、てぬぐい、Tシャツ、山バッチ、キーホルダー、バンダナなどたくさんのグッツが売っています。登頂記念の思い出に、仲間とおそろいのTシャツゲットなどショップはたくさんのお客様で大盛況でした♪

▼夜は満天の星空☆そして、山小屋の朝は早いです!朝食は、AM4:00からで、信州みその美味しいお味噌汁で目覚めます。お魚も油がのっていいて、梅干しは食べ放題♪デザートは、のど越しのよいつるんとした爽やかゼリーでした!

▼朝食後、大雲海を眺めながら刻々と移り変わる空を見つめます。燕山荘のテラスからは、八ヶ岳と富士山も望むことができました。

▼ご来光!太陽が出るまでは、体が冷えるので薄手のフリースやレインジャケットを着用します。

▼太陽が槍ヶ岳を照らします。

▼いよいよ燕岳の山頂へ。

▼高山植物の女王と呼ばれる可憐なコマクサ(高山の砂礫地に自生する多年草)

▼槍ヶ岳とイルカ岩

▼花崗岩のオブジェを楽しみながら歩いていると、なんと親子のライチョウ発見!可愛くてとても癒されました~♪

▼砕けた花崗岩による白砂、真っ青な空、ハイマツなどの緑のコントラストが美しい稜線。

▼こちらはメガネ岩

▼燕岳山頂(2,763m)は、たくさんの人で大賑わい。白く輝く感動の頂です!

▼山頂からさらに先の静かな北燕岳まで足を伸ばします。

▼このあたりは、絶景&コマクサが一番群落しているとっておきの場所です。

▼全員の影アート♪

▼槍・穂高連峰、後立山連峰の大展望前で記念写真!

▼楽しい撮影タイム♪ ▲山ポーズ▲

▼北燕岳の向こうに立山、剣岳などもくっきり!

▼北燕岳山頂(2,750m)に到着!燕岳とはまたちがう絶景を満喫♪

▼皆さん、自由に撮影タイムを楽しみます♪

▼帰りは、槍ヶ岳へと続く美しい表銀座縦走路を眺めながら燕山荘へ。

▼至福のカフェタイム♪

▼下山前に、お世話になった燕山荘の前で記念写真!

▼槍ヶ岳に見送られながら、約4時間の下山です。夏山のピークシーズン、すれ違いの登山者がたくさんいますのでゆずりあいながら、焦らずゆっくりと下ります。

▼全員無事に下山。お世話になった朝倉十郎ガイドと元気にハイタッチしてバスへ。下山後は、有明荘の天然温泉で汗を流しました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!
今回のはじめてのアルプス登山、はじめての山小屋泊の経験を活かして、また次の山小屋泊縦走登山や、3000m級のアルプス山歩きにチャレンジしていただければ幸いです。
※一部、参加者の方の撮影されたお写真をお借りしました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました!

山ガールネットでは秋のツアーも募集中です!ぜひ、チェックしてみてください。

憧れの登山にみんなでチャレンジ
「山ガールチャレンジ」

今後のスケジュールはこちら

≪初心者~初級者以上≫
”とくべつな山旅”「山ガールスペシャルイベント」

今後のスケジュールはこちら

いいね!と思ったらシェアしてね

山ガールネットの最新情報をお届けします

山ガールネットを
フォロー

連載企画Special

  • 山登り大好き芸人桜花の頂きMountain
  • アウトドアファッションコーデ特集
  • 山ガールのための山歩きガイド
  • 山ガールスタートマニュアル
  • 30秒チャレンジ!登山知識ミニテスト