1. HOME > 
  2. レポート > 
  3. 【MILLET×山ガールネット】白馬ガイドと行く北アルプス入門「絶景ハイク・花の白馬大池から小蓮華山にチャレンジ」取材レポート《前編》

レポートReport

【MILLET×山ガールネット】白馬ガイドと行く北アルプス入門「絶景ハイク・花の白馬大池から小蓮華山にチャレンジ」取材レポート《前編》

掲載日:

2018年08月16日

イベントレポート

8月4日(土)~5日(日)開催にいたしました【MILLET×山ガールネット】女性限定♪白馬ガイドと行く北アルプス入門「絶景ハイク・花の白馬大池から小蓮華山にチャレンジ」の取材レポート《前編》をお届けします。

8月4日(土)~5日(日)開催にいたしました【MILLET×山ガールネット】女性限定♪白馬ガイドと行く北アルプス入門「絶景ハイク・花の白馬大池から小蓮華山にチャレンジ」の取材レポート《前編》をお届けします。

≪前編≫

【day1】:栂池高原駅(標高856m)==<ゴンドラ/ロープウェイ>==栂池自然園(標高1850m)登山開始 ・・天狗原・・白馬乗鞍岳・・白馬大池(標高2380m)白馬大池山荘[泊][歩行時間:約4時間]
【day2】:白馬大池山荘・・小蓮華山山頂(標高2768m)・・白馬大池山荘・・白馬乗鞍岳・・天狗原・・栂池自然園==<ゴンドラ/ロープウェイ>==栂池高原駅[歩行時間:約6時間]

▼早朝6:00頃、快晴の白馬栂池高原バス停付近。

▼MILLET(ミレー)との特別共同企画イベントということで、ご参加特典として噂の網網のアンダーウエア、[ドライナミック メッシュ タンクトップ] を参加者全員にプレゼント!

▼イベント2日目に実際に着用していただきドライ感や動きやすさを体感していただきました。

MILLET(ミレー)の細川様よりご挨拶。
※MILLET(ミレー)はフランスに本社を置き、シャモニー(フランス)、グリンデルワルト(スイス)、白馬(日本)のガイド協会とパートナーシップ契約を結び、製品開発にプロガイドの意見を反映しています。

▼今回のイベントは、MILLET(ミレー)とパートナーシップ契約を結ぶ「白馬山案内人組合」の素敵なガイド、横山さんと石原さんに2日間ご案内していただきます♪

▼雲ひとつない空の下、元気に出発です!

▼まず、ゴンドラ(20分)とロープウェイ(7分)を乗り継ぎます。

▼MILLET(ミレー)の定番として人気のザック[SAAS FEE(サースフェー)] がずらり♪

▼ゴンドラからはワクワクの景色♪唐松岳(2966)~白馬鑓ヶ岳(2903)~杓子岳(2812)~白馬岳(2932)

▼続いてロープウェイ。

▼栂池自然園(標高1850m)に到着。各自、出発前準備を行います。

▼ガイドさんもおすすめのご当地ソフトクリーム「さるなし」♪

▼生まれも育ちも、生粋の白馬人。夏は登山ガイド、冬はスキーガイド、トマトとアスパラの農園も営む、気さくで優しい横山ガイド。MILLET(ミレー)ウエアの爽やかな着こなしにも注目です。

▼こちらは、お手本にしたいレイヤリングと着こなしのMILLET(ミレー)大人女子のアウトドアスタイル♪ 

▼いよいよ登山道へ。ゆっくりと登っていきます。

▼まずは、通常コースタイム1時間の天狗原を目指します。

▼高山植物に詳しい石原ガイドと一緒に楽しいお花の観察♪

▼白い花は、イワツメクサ。花弁は10枚に見えますが実は5枚。黄色い花は、ミヤマアキノキリンソウ。

▼急な登りと厳しい暑さですが、まだまだ皆さん元気なご様子♪

▼白馬の自然についての様々なお話も。

▼だんだんと空が広くなってきました。日差しも容赦なくジリジリと照り付けます。

▼甘く冷たい水が補給できる”銀嶺水”で休憩。ここで、ザックのフィッティングについてのMILLET(ミレー)の細川さんよりレクチャーしていただきました。登山用のザックは、長時間背負っても疲れにくい機能を多数備えています。それらは、体にきちんとフィットさせることで生かすことができるんです。

▼フィット感が増したザックで「荷物が軽く感じます!」という参加者の方も。

▼雪渓の白、空の青、山の緑のコントラストが美しく、一瞬暑さを忘れます。

▼絶景の休憩スポット!酷暑のため、頻繁に休憩を取りました。

▼時々吹く清涼な山の空気に癒されます。雪渓で涼も♪

▼広い湿原帯で木道がある天狗原。

▼針葉樹オオシラビソのサファイア色(藍色)のとても美しい松ぼっくり。毎年見れるものではなく大変珍しいそうです。今年は大当たり年!

▼木道で並んでお決まりのポーズでパチリ!

▼チングルマとハクサンコザクラ(サクラソウの仲間)。

▼風吹大池の分岐をすぎ、

▼樹林帯を抜けると、

▼大きい岩のゴロゴロした登山道が出現します。

▼右手に雪渓が見え、絶景を眺められる場所で休憩。

▼蒸し暑さの中での岩のゴロゴロした足場の悪い登山道は、体力の消耗が激しくなかなか大変でした。

▼そんな時は、振り返って眼下に広がる天狗原と山々を眺めてモチベーションアップ!

▼夏山の大岩の岩場は、軽量で足さばきのよいテクニカルストレッチパンツ[トリロジー コーデュラ パンツ]でスマートに乗り切ります!

▼岩場の上部に雪渓がありますので、慎重に渡ります。※この日は、雪渓が比較的小さく、ステップやロープもあったため軽アイゼンなどは使用しませんでしたが、雪渓の状況によってはためらわず、アイゼンとストック(キャップは必ず取って雪渓に刺さるようにします)で安全第一に登りましょう。

▼斜面を登ると、白馬乗鞍岳への稜線にでます。

▼ハイマツの緑が広がる平らな稜線をしばらく歩くと、ケルンの建つ白馬乗鞍岳へ到着です。
※晴れている日はよいのですが、ガスの日は道を見失うと危険ですので気を付けましょう。

▼横山ガイドより、今朝収穫したばかりのカラフルなプチトマトの差し入れ♪栄養補給も水分補給も両方できるプチトマト!とっても美味しくいただきました。

▼乗鞍岳を越えて道がカーブしはじめると、

▼いよいよ白馬大池の畔に建つ山小屋が見えてきます。

▼コンパクトデジタルカメラなどの収納にも便利な [ボヤージュ パッデッド ポーチ] 。 [SAAS FEE(サースフェー)] には、収納式チェストポケットがあり、スマホを入れるのにも重宝します。

▼白馬大池の絶景ポイントまでもう少し。

▼皆様、思い思いに撮影を楽しみます♪

▼夏本番!汗をたくさんかく登山には、背中の汗抜けがいいザック [SAAS FEE(サースフェー)] シリーズがおすすめです。

▼目指すは小蓮華山を指さして!

▼石ゴロの道を神秘的な池を眺めながら下ると、白馬大池山荘の裏手に出ます。

▼赤屋根平屋建ての白馬大池山荘に14:30頃無事に到着しました。

≪後編≫へつづく

素敵な賞品が当たる!SNSキャンペーン「あなたのミレー教えてキャンペーン」8月31日まで開催中!

<協賛>MILLET(ミレー)
フレンチアルプス、モンブランの麓シャモニーの近くの街アヌシーに本拠地を置く総合マウンテニアリングブランド

いいね!と思ったらシェアしてね

山ガールネットの最新情報をお届けします

山ガールネットを
フォロー

連載企画Special

  • 山登り大好き芸人桜花の頂きMountain
  • アウトドアファッションコーデ特集
  • 山ガールのための山歩きガイド
  • 山ガールスタートマニュアル
  • 30秒チャレンジ!登山知識ミニテスト