山とアウトドアファッションを愛する女子のための情報サイト

 

山ガールネット最新イベント情報

  • 山ガール・カレッジ
  • H.I.S×山ガールネット 縄文杉トレッキングと選べる女子旅 世界遺産屋久島3日間
  • アドベンチャーガイズ×山ガールネット ヨーロッパアルプス女子旅デビュー講座
  • ヤマツツジの赤城山 赤城神社・温泉付き日帰りバスツアー
  • LEKI×山ガールネット ノルディックウォーキング体験会
  • KEEN x 山ガールネット KEEN FAMILY HIKING 自然あそびのはじめの一歩
  • 女性限定 山ガールトレーニングセミナー
  • 山ガールのために贈る グルメ・ハイキング・星空観賞 自然を愛する済州の旅

レポート

山ガールネット×岳温泉「安達太良スノーハイク」取材レポート(2)

2017.03.17(Fri)

3月4日(土)~5日(日)に実施しました「安達太良スノーハイク」の取材レポート(2)をお届けします。

▼2日目はいよいよ安達太良スノーハイクにチャレンジ!スノーシューと大きいバスケットが付いたストックを受け取ります。

image

▼安達太良山への登山口はスキー場脇にありますので、スキーロッジで準備を整えます。

image

▼今日は心電図が簡単に測れる機械を使って運動中のストレスを測りながら歩きます。出発前、くろがね小屋到着時、小屋出発時、下山後でそれぞれストレスチェックを行いました。

image

▼スノーシューを使うのが初めてという方がほとんどだったので、渡辺ガイドより付け方を教わりました。

image

▼前日に「安達太良山は風が強い」と聞いていましたが、ここではそんなに感じません。みんなで元気に記念撮影♪

image

▼登山者が登ったトレースが付いているので、それに沿って進みます。

image

▼登山道脇にあるこの穴こそ、昨日観た湯守の方が使う点検口です。一般の方は立ち入らないようにしましょう。

image

▼先頭の渡辺茂雄ガイドのペースに合わせて進んで行きます。

image

▼直接にはそれ程感じませんが、上空にある雲の動きを見ていると風の強さが分かります。かなりの速さで雲が流れて行きます。

image

▼登ったり、下ったりを繰り返してくろがね小屋を目指します。

image

▼ここは山の斜面を横切るトラバース道。片側が大きく傾斜しているので、山側に重心を置きながら慎重に歩く必要があります。

image

▼くろがね小屋が見えてきた頃には横風が強くなってきました。顔に当たる風もかなり冷たい風です。

image

▼冷え切った身体をまず温めてくれたのは、地元スタッフの方が先回りして作ってくれた二本松市の伝統料理「ざくざく汁」。食感のよい野菜がたくさん入った醤油ベースの汁物です。

image

image

▼ホテルで受け取ったおにぎりと一緒にいただきます!

image

▼すぐに温まれるようにとご協力いただいた地元スタッフの皆様に感謝をしながらいただきます。

image

▼食事で温まった身体をさらに温めてくれる名物がここにはあります。そう、温泉です!源泉に近いこともあり、硫黄の香りをより強く感じます。

image

▼レトロで味わいのあるくろがね小屋。ここに泊まりたくて安達太良山に来る登山者も多い人気の山小屋です。

image

image

▼小屋出発前に2回目の記念撮影!天気も回復してきました。

image

▼登山時には見えなかった安達太良山山頂も姿を現しました。

image

▼フカフカの雪の上でやってみたくなるアレもしっかりやりました!

image

▼下りはせっかくスノーシューを履いているので、トレースを外れて新雪の上を歩いたり、お尻で滑ったり、自由に斜面を駆け下りました。

image

▼今日一日お世話になったガイドのお二人と♪

image

▼そして最後はやっぱりみんなで♪

image

▼ガイドを務めていただいた渡辺茂雄ガイドのご実家でもある玉川屋の「くろがね焼」と「黒飴玉」はお土産に大好評でした!

image

今回訪れてみて、ここ岳温泉は高原に位置する温泉を拠点としながら、登山をはじめ様々なアクティビティが一年中楽しめる場所だということが分かりました。
また違ったシーズン、違った目的でも訪れてみたいと思います。

ご参加いただきました皆様、多大なご協力をいただきましたスタッフの皆様、ありがとうございました。

◆岳温泉観光協会ホームページ
http://www.dakeonsen.or.jp/

◆岳温泉観光協会facebookページ
https://www.facebook.com/dakeonsen/

山ガールネット×岳温泉「安達太良スノーハイク」取材レポート(1)

2017.03.17(Fri)

3月4日(土)~5日(日)に実施しました「安達太良スノーハイク」の取材レポート(1)をお届けします。

今回のイベントは、福島県を代表する日本百名山「安達太良山」山麓の高原に広がる温泉郷『岳(だけ)温泉』が舞台です。

▼1日目は岳温泉街にあるホテル「空の庭リゾート」に集まりました。

image

▼チェックイン後に早速街を散策しに出掛けました。ここが岳温泉のメインストリート“ヒマラヤ大通り”。宿泊施設やお土産店が並びます。

image

▼安達太良山方面に進んで行くと「温泉神社」がありました。

image

▼今度は安達太良山を背にして逆方向に歩いて行くと、春には桜が満開になる“桜坂”と呼ばれる通りがありました。

image

▼道の途中には無料で入れる足湯もあります。

image

▼道の突き当りには鏡ヶ池という大きな池の周りに遊歩道を設置した「鏡ヶ池公園」があります。ウォーキングや運動をしている方もいらっしゃいました。

image

▼ホテルに戻り、用意された一室で、岳温泉が推進するヘルスツーリズム事業に関するワークショップに取り組みます。

image

▼まず最初に取り組んだのは、身体に加速度計を設置して歩き方のクセを知るワークショップ。

image

▼ものの数秒で計測し、このような結果シートが出力されます。よりよい歩き方を考えるキッカケを与えてくれました。

image

▼自分の身体のバランスが判ったところで、次に行われたのは、ビジネスマントレイルランナーとして有名な渡辺千春さんによるスマートウォーキングセミナー。
渡辺さんは、都内の外資系企業に勤めながらUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)など海外レースをはじめ数多くのトレイルレースで活躍する二本松市出身のトレイルランナーです。
40歳を過ぎて辿り着いたという「一本下駄」を使った歩行術を学びます。

image

▼渡辺さんの「筋肉は使わずに骨格で立つ」という指導の下、みんなでチャレンジしました。初めて一本下駄を履いてみると、やはりバランスを保つために筋肉を使ってしまうのですが、渡辺さんはこの骨格を使う感覚を自分のものにしてから、40歳を過ぎても戦える身体を手に入れられたそうです。

image

▼「歩」の次は「食」。続いてはローフードを使った行動食作りにチャレンジします。

image

▼スーパーでも手に入る木の実を使って作ります。調味料や添加物を使わなくても美味しい行動食が作れるのです!

image

▼食べやすいように一口サイズに形を整えます。

image

▼山ガールの行動食なのでここは可愛く行きましょう♪

image

▼ローフード行動食の出来上がり!時間を掛けずに登山のカロリー消費を補える行動食が出来ました。

image

▼次々とワークショップの内容は切り替わります。次は岳温泉ならではのワークショップ「温泉入浴法セミナー」。岳温泉のお湯は全国的にも珍しい“酸性泉”。強い殺菌効果、美肌効果があると言われています。源泉は安達太良山連峰と並んでそびえる鉄山の直下、標高1500mの所にあり、温泉街まで約8kmの距離を流れ下りてきます。温泉は管を通って引湯されているのですが、温泉成分から出来る湯の花が管の中で詰まってしまうため、定期的な清掃管理が必要だそうです。

image

▼その管理をする人々は「湯守(ゆもり)」と呼ばれ、歴代の湯守が岳温泉の湯を守り続けています。この作業はすべて手作業。雪が積もれば管まで何メートルもスコップで掘って湯の花を取り除く必要があります。その作業を記録した貴重な映像をご覧ください!

▼温泉に入れることがここでは普通のことではない、人の手によって守られていることを知り、皆さん感動されていました。

image

image

▼最後に明日お世話になる渡辺茂雄ガイドよりスノーシューの取り扱いに関する説明がありました。

image

▼今回はスノーシューで安達太良山に登りますが、グリーンシーズンの安達太良山にも来てみたいという思いが募りました。

▼ワークショップを終え、湯守に守られた温泉に癒され、楽しい夕食のひと時。今日初めて出会った仲間と乾杯です♪

image

▼次々と運ばれてくるお料理に、皆さん大感激!

image

image

image

image

image

image

▼食後は懇親会も開きました。明日のスノーハイクにも同行いただく渡辺千春さんを囲んで色々なお話をしました。安達太良っていいな~

image

2日目に続く

「山ガール・カレッジ(2017年度3月)」机上講習レポート

2017.03.15(Wed)

これから山を楽しみたいという初心者のための女性限定登山教室”山ガール・カレッジ(2017年度)”3月のテーマは、夏山シーズン前に、地図の読み方の基本を身につけよう!<地図読み(初級)>です。
山歩きのトラブルで一番多い「道迷い」をしないために、地図を読めるようになって、安全に安心して目的地にたどり着けるようになるための初心者向けの机上講習です。

▼会場は、渋谷駅から徒歩5分程の「渋谷区文化総合センター大和田」。

image

▼地図の種類や基本的な地図記号について学びます。山の地図といっても色々ありますね。各地図の特長をしっかりと理解することはとても大切です。

image

▼地図記号もしっかりとチェック。

image

▼うねうねとした地図上の線、等高線(同じ標高を結んだ線のこと。)の基本と特徴的な地形を覚えます。だんだんと地図が読めるようになると、地図が立体的に見えてきます。

image

▼コンパスは、方位磁針とも呼ばれ、磁気を使って方位を確認する道具です。進む方角を知るための大切な道具です。コンパスの使い方を熟知すると、単に進む方角を知るだけでなく、ルートの作図や、山座同定で現在地を確認することもできるようになります。
★[写真のコンパス]スポンサー【エバニュー】の世界で最も多く使われているシルバを代表するコンパス。使いやすい『シルバRANGER No.3』。

image

▼実習で行く高尾山の地図の先読みでは、はじめはなかなか難しいですが、尾根と沢(谷)をイメージしながら自分の進むルートを確認しました。

image

▼スポンサー【jRO(ジロー)】山でのもしもの時に備えるために、山の保険や共済に加入することもそのひとつです。『日本山岳救助機構会員制度(略称「jRO(ジロー)」)』は、山を愛する方々の相互扶助の精神に基づく新しい会員制度で、日本山岳救助機構合同会社によって運営されます。

image

▼スポンサー【明治】のバテ知らずで筋肉痛の軽減にも効果的な『SUPER VAAM(スーパーヴァーム)(アミノ酸サプリメント)』、登山中の水分補給にぴったりのヴァームウォーター、登山中の栄養補給におすすめのスーパーヴァームゼリータイプや様々な運動中のエネルギー補給にぴったりのピットインエネルギージェルなど。
★VAAM山道具ページ:http://www.yamagirl.net/yamadougu/vaam/

image

▼スポンサー【セイコー】標高を確認したり、コンパス機能のあるので地図読みにも役立つ、高度計付きの登山用腕時計『Seiko Prospex Alpinist』。
軽さと使いやすさで人気の女性モデルです。女性の腕に合うように、しなやかで腕なじみの良いシリコン素材のバンドを採用しています。
※「高度」「気圧」「温度」「方位」の計測表示はもちろん、登山のペースを表す「登高スピード」表示や「消費エネルギー」表示機能を搭載。簡単に使いこなせて女性にもおすすめ♪
★セイコー山道具ページ:http://www.yamagirl.net/yamadougu/seiko/

image

▼限定モデル!明るく元気なアルプスの少女ハイジイメージのハイジカラーモデル。アニメテーマ曲「おしえて」のアラーム音など、限定モデルだけの特別仕様で楽しい山行を盛り上げてくれます♪スマホとデータ通信を行う"SEIKO WATCH LINK"機能も搭載。
★限定モデル特設サイト:http://www.seiko-watch.co.jp/prospex/land/alpinist/heidi

image

▼スポンサー【エバニュー】もうすっかりおなじみ♪ウエアやギアのお手入れには、『NIKWAX(ニクワックス)』!防水透湿生地のウエアを洗濯、強力な撥水処理などが可能。山道具のメンテナンスには必需品です。行動食にぴったりの100%ナチュラル素材でつくられたナチュラルエナジーバー『CHINPANZEE(チンパンジー)』。人気はレモン味!

image

▼その他にも、カラフルなコッヘルや、超軽量コンパクトなチタンのクッカー、アイゼン、シューズ『Treksta(トレクスタ)』ゲイター、ザック『TATONKA(タトンカ)』『MONTANE(モンテイン)』、ソックスなど様々なものを取り扱っています。
★エバニュー山道具ページ:http://www.yamagirl.net/yamadougu/evernew/

image

▼スポンサー【ミズノ】快適な山歩きをサポートしてくるアンダーウエアからジャケット・パンツ、ザック、靴下、シューズまでトータルコーデできます。

image

▼スポンサー【ミズノ】の山歩きのファーストシューズとしておすすめの『ウエーブナビゲーション』。軽快な歩きを応援します。カラーは、ブラウンとグレーの2タイプ。
★ミズノ山道具ページ:http://www.yamagirl.net/yamadougu/mizuno/

image

山歩きに行く時は、必ず地図とコンパスを持参しましょう。
地図が読めるということは、安全登山ができることはもちろん、自立した登山者の第1歩でもあります。まずは、あせらずゆっくり、山を楽しみながら、しっかりと地図読みを上達させていきましょう!
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

-----

▲▽▲▽ 4月からの山ガールカレッジはリニューアル! ▲▽▲▽ 
http://www.yamagirl.net/college/

●リニューアルポイント(1)
高尾山からエベレストまでを案内する登山ガイドを多数擁するアドベンチャーガイズ 古谷氏がメイン講師を担当!
●リニューアルポイント(2)
「準備・プランニング」「快適で安全な山の歩き方」「地図読みと山でのトラブルの対処」の3ステップで学びやすいカリキュラム構成に!
●リニューアルポイント(3)
テキストに山ガール入門書として最適な「ゆっくり楽しむ山歩き」を採用!

山ガール・カレッジでは、安全!快適!楽しく登山♪、いつかは自立した登山者となるための基礎知識を一緒に学ぶ山ガールの皆さんを募集しています!

もちろん、お好きなテーマのみ、机上のみ・実習のみのご参加も大歓迎です。お一人さま参加の方がほとんどですので、安心してご参加ください!

今年から山をはじめてみたい、登山を趣味にしたい、憧れの屋久島や北アルプスに行きたいので山歩きの基礎から学びたい、今年こそ富士山にいってみたい、山をはじめたけど本や独学だけではわからないことも多く、山を安全に快適に楽しむための方法を学びたい方、ひさしぶりの山歩きで基本を復習したい方などにおすすめの講習会です!

お気軽にご参加ください。

▼▼山ガール・カレッジの年間カリキュラムはこちらから♪▼▼
http://www.yamagirl.net/college/

 
 

山ガールネット公式SNS

  • アウトドア業界の最新情報満載!山ガールネット公式twitterはこちら

  • 「いいね!」で美しい景色や最新情報をGET!山ガールネット公式facebookはこちら

  • LINE@はじめました!